尾瀬戸倉の雪番長パークでビンディング死亡(笑)

この投稿は 2010 年 1 月 29 日 金曜日 10:48 PM に スノーボード日記 カテゴリーに公開されました。
スポンサードリンク

スノーパーク尾瀬戸倉

グラトリやキッカーに入っているにも関わらず、FLUXのスーパータイタンで耐え忍んでいた日々へ、ついに別れを告げる日が来てしまいました。

もともとBurtonの板にFluxのビンディングを付けていて、ディスクのボルトが緩みやすいということもあったのですが、ガチガチなスーパー タイタンを無理やりこじっていたこともあり、もはやパーク1周ごとにボルトが緩む状態に。。。

さすがにでっかいキッカーへ入るのに、ビンディングがグラグラしているのは、ちと怖いこともありwTITAN RKを購入することにしました。

ここが緩む スーパータイタン

Flux スーパータイタン

↑パークを2周するごとにグラグラになってしまう、Burtonの3穴ディスク。ぶっちゃけランディング時に不安定になりそうで怖いです(笑)

愛用の07 ショーンモデル

07 ショーンモデル

ちなみに、今日の尾瀬戸倉のコンディションは、ピーカンでガリガリ。 午後は若干柔らかくなりましたが、カーブボックスでこけると、プロテクターをしていても、本気でケツが痛くなるレベルでした。

そして、奥から3番目のキッカーは、なぜかいびつな形をしていて、バランスを崩しやすいので注意です。

タグ: ,

コメントをどうぞ