ボックスのテーブルを使ってバックサイド180を決める

ここではボックスのテーブルを使っています。どんなところでも練習は出来るよという参考にもなりますね。

このハウツー動画を見る…